茶懐石料理教室を開催致しました

百華の会

03-6320-2920

〒104-0061 東京都中央区銀座4-13-1-松戸ビル3階

受付時間 10:00~21:00

ブログ

茶懐石料理教室を開催致しました

ブログ

2019/06/23 茶懐石料理教室を開催致しました

885c69dc-cd45-4518-b518-ea28f87c3b7b

 

毎回大変好評をいただいております

茶懐石料理教室・夏の料理  を開催致しました。

 

来月7月に開催いたします朝茶事のお稽古を前に

お客様を涼しくもてなし出来るお献立を教えて頂きました。

 

a7de50f3-cb75-4eaf-ac7d-51afb06247b4

 

これは鱧のふえ(浮き袋の部分)です。

箸洗いに使います。

 

418528a2-e316-491e-baa9-dde8d1d96541

 

これは白瓜の雷干し。

八寸にします。

227fb537-4988-4853-b2f8-af83f89534d0

 

今日のメイン煮物椀は鱧の葛打。

皆さんで鱧の骨切りを致しました。

重い大きな鱧の骨切りのためだけの包丁を使います。

fb3ab972-8e68-4d7a-b542-3a9d8474bf3c

 

2f45a096-8228-4cff-b36e-b94840b2fdcf 01f16437-8424-4116-8e1d-e47b8815132f c4b69c2b-5bf8-422c-a901-9378265793e2 191ae288-55ba-4ee4-86fe-c45225acd9be

 

お味噌汁の赤味噌の割合を増やし春よりもさっぱりとしたお味付けに。

夏の間は真薯のお椀ではなく葛打、

器は染付を用いると目にも涼しげ…など

今回も大変学びが多うございました。

 

茶懐石料理は家庭料理に比べて

驚くほどの手間と時間をかけて作ります。

わざわざ自分の所に出掛けてきて下さるお客様のことを思いながら

お料理をしたりお道具を出したりと

手間を惜しまない亭主の心は何よりの嬉しいご馳走です。

 

また暑さが落ち着いた頃に名残の頃のお献立で

茶懐石料理教室を開催する予定です。

 

 

TOP